【山崎実業】折り畳み水切りラック L ホワイトtowerを買ってみた【レビュー】

※アフィリエイト広告を利用しています

オデ、イエティ。今日は『折り畳み水切りラック L ホワイトtower』を購入して一か月使った感想を書いていくよ!

引っ越した当初は食器を洗っても水を切る場所がなく、カインズの水切りマットを何枚か買って置いてました。
しかしねえ、意外と水切りマットって使いにくくて。漂白剤が使えないからすぐに汚れるんだよね。カビたらおしまいだし、今後何枚も使い捨てる事を考えてコスパが悪いな~と感じたから水切りラックを買ったのだ。

目次

折り畳み水切りラック L ホワイト tower 概要

商品サイズ:約W26×D58×H0.8cm
品質表示:本体 スチール キャップ シリコン
本体重量:約810g
耐荷重:約4kg
対応サイズ:奥行き:約54cm以下のシンク
組み立て:なし

折り畳み水切りラック L ホワイト tower じっくりと見る

こんな感じでスマートな出で立ち。組み立てはなし!

先端のキャップ部分はシリコン製。あとの部分はスチール製。全体的に水汚れに強いのが素晴らしい。
それぞれの仕切りの部分に皿を立てかけたり、小さなタオルを掛けたりもできる。
しかし我が家ではもっぱらコップの水切り担当。コップは落ちることがないゆえ。

使用するとこんな感じ。うちのシンクからはややはみ出ているんだけどシリコン製のキャップがピタッとくっついてくれているおかげでズレて落っこちたりはしない。

丸めるとこんな感じ。ほぼシンクの端で収まるので掃除がしやすい!

薄い皿、小さな皿はひっかけにくいので使えない。またカトラリーなんかを置くと隙間から落っこちる場合があるのでカトラリーや細かいものの水も切りたい場合はシリコントレー付きの別商品がオススメ。

一ヶ月使った感想

・安定感がありズレない
・水汚れに強く手入れが楽
・折り畳むことができるので邪魔にならずシンクの掃除も楽

この水切りラックを購入した後に食洗器が導入されたんだけど、シンクの上部に設置という構図になりまして。
シンクの床までメタルラックの脚が伸びるので水切りラックが解雇されちゃうかな~……と思っていたんだけど、折り畳み式のおかげで見事にフィット。現在もゴウンゴウンと唸る食洗器くんの下でいぶし銀な活躍を見せています。

皿はまとめて食洗器に放り込んで乾燥させるので主にコップや小鍋の水切りとして使ってるよ! 正直、水切りマットを何枚も買い続ける選択をせずにこっちを買って良かった!

  • URLをコピーしました!
目次