【リュウジのバズレシピ】至高の箸トング・菜箸トング・計量スプーン 3点セットを買ってみた【BAZU GOODS】

※アフィリエイト広告を利用しています

オデ、イエティ。今回は料理研究家のリュウジくんが監修した『至高の箸トング・菜箸トング・計量スプーン 3点セット』を買ってみたのでレビューするよ!

ほぼ毎日リュウジくんのレシピを作っているオデですが、長らく監修していると動画内で言っていた「至高の計量スプーン」が発売されたということで予約購入しました。割りと早い段階で購入して、それから一ヶ月くらい使ったので今回はレビューしていきたいと思います。

ちなみにあまりに焦りすぎて三点セットだということを知らずに菜箸トング・箸トングも付いてる三点セットを買ったのでその二つについてもレビューします。なんかちょっとたけえなって思ってたけどテンション上がってて気づかなかったよ……でも結構愛用しているので結果的にはいいか。

目次

至高の計量スプーン・菜箸トング・箸トング 三点セット

届いた実物がこちら。お値段はセットで5700円。はっきり言ってお安くはないですね!
単品で購入する場合は計量スプーンが2580円、菜箸トング・箸トングのセットが3480円です。原産国は日本で、有名な燕三条製です。燕三条はセンシの包丁や鍋も作ってましたね。

至高の計量スプーン

奥がこれまで使ってきた無印良品の大さじ小さじで、手前が至高の計量スプーンです。もうすでにやや汚れていますが細かいことは気にしない。黒いメッキが施されていてカッコいい。見た目から普通に使うステンレス製のキッチン用品より品がありますね。

至高の計量スプーンは両端で計量できるタイプです。なのでまずジャラジャラしないのが良い点。また、これまでは無印良品の計量スプーンを使う度に片方で計量した調味料などを落とさないように気を付けて持つ必要がありました。あとは底面が平らなので安定して置けるし、もちろん置いたまま計ることも可能。

写真では見にくいですが大さじ小さじの内側にメモリがあり、大さじ小さじの半量を計ることも可能。地味にこれが便利です。

至高の計量スプーンは両端に計量部分がついておりつり合いが取れて安定する上に中央部分が九の字を描くように湾曲しており、そこが指にフィットします。見た目からはあまり想像できないかもしれませんがこの湾曲したところを抑えると非常に持ちやすいんですね。両方で液状の調味料を計量した後もこぼすような心配がないくらい安定しています。

例えとして正しいかはわからないけどやじろべえみたいな……やじろべえわかる!? 

わさびタルタルタルタルタルタル

使用中の画像も撮ってきたんですけど……なんかよくわかんないですね。気にしないでください。とにかく使いやすいです。

ただ一つオデとしては食洗器に対応していない(おそらくはメッキの関係)のがマイナスポイント。使ったらすぐに洗って水気を拭くまでの手入れをしないといけません。料理によっては手が離せない時もあるので使っておきっぱにできないのはちょっと面倒かな。

至高の計量スプーン まとめ
・高級感のある黒メッキで見た目がカッコいい
・両端に計量部分が付いているが中央が手に馴染みよく安定する
・計量部分の底面が平らなので置いて計ることも可能
・食洗器に非対応ですぐに洗って水気を拭く手入れが必要

至高の菜箸トング・箸トング

我が家ではこんな感じでフックに引っかけてある二つのトング。ステンレス製でガッシリとしていて使っていて安心感がある。料理にも盛り付けにも使えますがうちでは専ら料理に使ってます。

菜箸トング(長い方)は炒め物から鍋、揚げ物まで色々な料理に使ってます。パスタを和えたり肉を一つずつ掴むような場合に重宝しますね。普通に菜箸の要領でガシガシと使っていけるのが強みかなと。ただしステンレス製なのでフライパンや鍋底に強くこすらないようには気を付けてます。

箸トングに関しては……正直に言うとまだあんまり使ってないんですよね。使いにくいとかじゃなくて元々ゆびさきトング(おしゃれキッチン系Youtuberは9割持っているという偏見がある)を使っていたので。同じくらいの長さだし同時に使い分ける機会が今のところないので使っていないという感じです。

一度だけローストビーフを盛りつけるのに使ってみたんですが掴みやすくて良かったです。とはいえゆびさきトングに比べるとやや力が入れにくいかな? もう少し使って比較してみたいですね。どちらにも共通している良点としては食洗器対応ということ、これに尽きる!

至高の菜箸トング・箸トング まとめ
・ステンレス製で頑丈
・非常に軽量で使っていて疲れない
・食洗器対応

まとめ

というわけで至高の計量スプーン・菜箸トング・箸トングの三点セットについて語ってきました。箸トング以外を一ヶ月間使った感想としては、6000円とお値段は張ったものの満足かなといった感じです。特に本命だった計量スプーン!      
びっくりするくらい指に馴染むし持ちやすくバランスが取りやすい。         

あとはトングのセット付きを間違えて買ったので後悔していたものの、菜箸トングが想定以上に良かったので買って良かったなと思いました。オデはリュウジくんのワンパンパスタをよく作るので一本で炒めて煮て和えてと非常に楽。具も掴みやすいので普通の菜箸を使って料理するのとはまったく違う。

見た目がカッコいいというのはデカいですね。当然100均の計量スプーンや菜箸でも料理はできるんですが、高級なキッチングッズを買った感というものは結構大事です。日常的に料理をしていて何やってても楽しい場合はそれでいいと思いますが、ちょっとしたことで料理のモチベーションを上げたい場合はこういう物で形から入るのもアリだと思います。続けていくことが大事ですからね。

また、菜箸トングに関しては通常の菜箸より頑丈なので使っていてストレスが少ないのが強み。オデは菜箸がボロボロになるまで使って、買い替えようかな~と言って数カ月が経過するのも常なのでそういった面倒が減ると思うと嬉しくなりますね。箸トングに関してはもうちょっと使ってみます。そもそもまだ使用回数が少なすぎる。

初めてBAZU GOODSのキッチングッズを購入しましたが大変満足しました。特に計量スプーンね! オススメです! ただちゃんと使用後は洗剤で洗って水気を拭くこと! 

著:リュウジ
¥1,617 (2024/05/07 19:31時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
目次