カーラックのお手伝い【バルダーズゲート3】プレイ日記7

※アフィリエイト広告を利用しています

バルダーズゲート3のネタバレを含む記事です! 注意!
また、バルダーズゲート3は過激な表現を含んだゲームなのでそこも注意!

主人公 ハーティド(ドラゴンボーン♀・ローグ)
スパイク・チュンソフト
¥5,909 (2024/06/20 20:23時点 | Amazon調べ)
目次

カーラックのお手伝い

前回までのあらすじ:契約する悪魔ミゾーラの標的であるカーラックを見つけたウィル。しかしカーラックは邪悪な悪魔などではなく、悲惨な境遇を持つデヴィルの被害者だった。ウィルはカーラックを殺すことを諦め、契約相手のミゾーラによって代償を支払わされてでもカーラックを助けることを選んだ。

デヴィルに追われる身であるカーラックを仲間に入れた一行は、その追手を探してこちらから狩ることを決める。追手のデヴィルはどうやらパラディンの女に扮しているらしい。

標的はどうもこの建物内にいるらしい。それぞれのジャーナル(いわゆるクエスト)のマップ表示を見ると目標の場所がはっきりとわかるのだ。

スティックをグリグリして室内の様子を伺うと、「アンダース」という名前のパラディンがテーブルの前に立っている。が! アンダースだけではなく商人のおばさんやドルイドも一緒にいるので困ってしまう。何の集まりなの?

商人のおばさんはカーラックを見てか「悪魔め!」とひどい態度だけどいきなり殴りかかったりはしてこない。ハーティドがコソコソと移動しているのを見ても露骨に怪しんだりはしないみたい様子。ドルイドの人は後ろから気づかれずに背中を刺せる位置にいるけど、別に無関係の人かもしれないからいきなり殺すのはなあ。

とりあえず一階から隠密で近づくハーティド&シャドウハートと、二階から様子をうかがうカーラック&ゲイルの2パーティーに分けて行動させてみる。

ここで気になるのは商人とドルイドがいるのにいきなり襲い掛かる必要はあるのか? ということ。真正面から出ていって話し合いをすることもできるかも。とはいえここでの目的はカーラックの追手であるパラディンを撃退することだから戦闘は避けられないし。もしパラディンと商人&ドルイドが仲間なら結局殺し合いになるんだし、だったら先手必勝では? しばらくグルグルと考え続けました。

結局、ドルイドの女性の頭を後ろからカチ割って戦闘開始へ。商人のおばさんとドルイドの女性は「非致死状態」にして生存させ、パラディンだけ成敗するのが戦闘の目標です。

商人のおばさんは部屋の外なのでとりあえず無視してドルイドの女性から倒しにかかる。後ろから有利状態のダガー攻撃から開始なので、ハーティドの連続攻撃だけでノックダウン。結局この人、どういう人だったんだろう。

どうも部屋外にいた商人のおばさんも戦闘の匂いを嗅ぎつけて戦闘態勢になったみたいだけど時すでにおすし。この部屋は4人の味方に囲まれているのでパラディンはタコ殴りにしてしまいます。

まずシャドウハートの「命令」で「武器を落とせ」と命令してみる。確率20%くらいなのでダメ元です。

お、落としたあ! 徒手空拳になりました。すぐに拾っちゃうだろうけどすでに怒れるカーラックが背後まで迫っているのだ。このままカーラックで不意打ちをするとあっという間に倒せました。パラディンということで結構HPがあったんだけど恐るべしバーバリアンの火力。公式インタビューで初心者に薦められているだけのことはある……。

ちなみに満を持して連れてきたゲイルだけど商人のおばさんに金縛りにされて無力化されていました。お前~! なんのためにアーティファクトを食わせてやったと思ってんだよ! 

金縛り強すぎない? とビックリしたんだけどどうやら「精神集中」といって攻撃などで解除されてしまう類の魔法だったみたいですね。一撃を加えるとゲイルが解放されました。良かったね。

これまたカーラックで殴り倒し、HP1で昏倒状態に。商人のおばさんとは後で取引ができるといいんだけど、さすがに半殺しにされたら取引に応じてはくれないかも……。

とはいえ当初の目的であるパラディン(に扮したデヴィル)の討伐は達成しました。4VS3だったけど、割りとしっかり有利を取れた戦いだと思ってます。満足。

戦闘が終わったときに左上で不吉な「ダイスロール失敗」の文字が。ウン? 怪訝そうにカーラックの話を聞いていたらいきなりヒートアップして怒り始めました。落ち着いて!

なんとカーラックはいきなり操作不能になり部屋中を燃やしながら斧で破壊し始めた! マズい! やめてくれ! カーラックとグループを組んでいるゲイルは律儀に怒り狂うカーラックの後ろをついていって火傷になるし、あちこちが破壊されて大変なことになりました。オデはオロオロとハーティドを家の出口に向かわせ緊急避難。

混乱状態で家の隣に出ているとスン……としたカーラックが無言で出てきました。なんかシュールだな。

どうやらカーラックは胸に埋め込まれた地獄の業火の影響でたまにめっちゃ怒るらしい。わかるわかる、オデもスプラトゥーンやってるとたまにめっちゃ怒るよ。お揃いだね。

地獄の機械師と呼ばれる職業の人を見つければカーラックの胸の業火について適切な対処をしてもらえるらしい。森の拠点にそういう人がいるらしいけど……? という話をされて、カーラックの依頼についてはここまで。無事に追手のデヴィルを倒しました。めでたしめでたし……ではなかった。

実はHP1の状態で寝かせてあった商人のおばさんが怒り狂ったカーラックの炎に触れてしまったようで、焼死体として発見されてしまった。どうして……なぜか部屋の中央付近でひっくり返っていたドルイドの女性はきれいに無傷である。不運なこともあるもんだ。こんなことならスリでもしておけばよかったのか。

当たり前と言えば当たり前だけど商人を殺しても全ての商品やゴールドが入手できるわけではない。そんな調整にしたら商人が全員狩られるに決まってるからね!

レイゼル様にお辞儀をするのだ

長らく放置していたレイゼルの顔を立ててあげようという考えに至り、森の拠点に来てみました。レイゼルは自らの種族であるギスヤンキのツテでハーティド一行の頭に埋め込まれたマインドフレイヤーの幼体を浄化することを考えてます。レイゼルは当然それが一番良い考えだと思っているのでハーティドたちにも強要してきているんだけど、今のところ捜索してませんでした。

ただしそのままずっと仲間でいたら「なぜ私の言うことを聞かないのか!」とブチ切れる可能性があるので、ここらでレイゼルの考えを尊重してあげようという考えに至りました。レイゼルのツテであるギスヤンキを見かけたという、森の拠点のティーフリングを探すことに。

いました。どうやらいきなりギスヤンキに友達が殺されてしまったらしい。かわいそう。レイゼルを見ればわかるけどギスヤンキはとても高い能力と技術力を持っている種族だけど、他の種族を見下しているので殺しても何も思わないらしい。

憤るティーフリングの青年だけどレイゼルが怖いから言う通りにまずはお辞儀をさせられる。さらに跪かせると言い出したのでさすがに尊厳破壊が過ぎると思い、ハーティドから「後は任せて」と遮りました。

ちなみにレイゼルの言うとおりにするとシャドウハートから反対され、シャドウハートに賛成するとレイゼルから反対されるという板挟みで胃が痛いパートでした。仲良くして……。

ギスヤンキたちはバルダーズ・ゲートに向かっていったとか。なんか最終的にろくでもないやつは全員バルダーズゲートに集まるんじゃねえか?

青年にはギスヤンキを見た場所を地図で教えてもらう以外の用事はないので、仲間の非礼を詫びてさよなら。すっかりハーティドはまとめ役です。

部下だと思っているハーティドから止められたレイゼルは不服そう。ドラゴンタンシチューにする気満々です。

ともあれこれでギスヤンキの場所はわかったので後はそこにいくだけ……なんだけど、ホイホイ顔を出したらギスヤンキによってレイゼル以外が一瞬で殺される可能性もあるわけで。そそられる場所ではないですね。

エセルおばさん

まだ埋めていないマップを探索しているとおばあさんと若者二人組の声が。どうやらおばあさんが若者たちに問い詰められているらしい。近づいてみると森の拠点で会ったことのあるエセルおばさんでした。

どうやら若者たちのどちらかの妹がこのエセルおばさんに会いに行って失踪してしまったらしい。どちらに付くか? という選択肢が出てきたけど……ハッキリ言ってこのエセルおばさん、死ぬほど怪しい。火のないところになんとやらと言いますし、ここは若者二人組についてみる。エセルおばさん、アンタがやったんだろう!!

ハーティドが二人組についたや否や、いきなり二人組になんかモヤモヤを振りかけるエセルおばさん。正体あらわしたね。

し、失神とかじゃねえ……死んでる!! エセルおばさんはハーティドを罵りながらいきなり煙になって消えました。一体何者なんだ……エセルおばさん。

スパイク・チュンソフト
¥5,909 (2024/06/20 20:23時点 | Amazon調べ)
出演:Chris Pine, 出演:Michelle Rodriguez, 出演:Regé-Jean Page, 監督:Jonathan Goldstein, 監督:John Francis Daley, プロデュース:Greg Mooradian, プロデュース:Brian Goldner, プロデュース:Zev Foreman, プロデュース:Chris Pine, プロデュース:Nick Meyer, プロデュース:Jeremy Latcham, プロデュース:Jonathan Goldstein, プロデュース:Denis L. Stewart, プロデュース:John Francis Daley, Writer:John Francis Daley, Writer:Michael Gilio, Writer:Chris McKay, Writer:Jonathan Goldstein
¥500 (2024/06/19 09:52時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
目次