【多肉植物】やるか……水耕栽培……!【勇猛閣】

※アフィリエイト広告を利用しています

オデ、イエティ。今回は多肉植物の水耕栽培を始めたよ! という記事です。

IKEA SJÄLSLIGT シェルスリグト

かねてより部屋に緑を増やしたいと思いつつ、植物を育てるとなると尻込みしていたオデ。IKEAのツルっとしたサボテンを部屋に置いて満足していたのですが、大き目の園芸店で何の気なしにサボテンコーナーを見てからず~っと頭の中でサボテンが回っていました。

しかしいざ買うと水のあげすぎで枯らしたり、土に小虫が湧いてクソムカツクことが想定されるじゃんね……!!!! そう思って立ち上がったり座ったりを繰り返していたのですが。

そんな折に知ったのが「水耕栽培」です。なんと土や肥料が必要なく、水に根の一部を浸すだけで栽培が可能だという。土がなければ小虫も湧きにくいし、難しい手入れや肥料の知識も必要ないから完璧なのでは? 準備もそう難しくはなくて根を落として乾燥させ、水耕栽培に適した根が出てくるまで待つだけだとか。これはもう……やるしかないじゃん。

画像引用元:キナリノ さん

やっちまうか、丁寧な暮らし……!!

目次

サボテン……??

というわけで大き目のホームセンターにある園芸店へ。かつて人生でここまで園芸コーナーに興奮したことがあるだろうか。思えば身近なところに植物がある生活というのがもはや懐かしい。オデはサボテンが好きで子供の頃にお世話もしていたのだが、何年かのうちに母が枯らしてしまったのだった。

園芸店の多肉植物・サボテンコーナーを見ると沢山の種類がもりもりと置いてあるが、まったく詳しくないのでよくわからず。初めてなのでお高い品種以外で、見た目が好みのものなら何でも良しという精神で見て回りました。

しばらく見て回っていると第一印象でこれだ! という品種を見つけ、水耕栽培用の小さな瓶と一緒に購入。サボテンと花瓶を合わせてかかった費用は1400円くらいで、100均で買うよりは高いけどちょうど良いかなと。ちなみにどういう品種なのかその場で調べたかったんだけど、その園芸店では全然ネットが繋がらなかったので詳しいことは調べられませんでした。がんばれ、楽天モバイル。

フェロックス 原産地:南アフリカ

そして買ってきたのがこちらのユーフォルビア・フェロックス。700円くらいだったと思います。元気に伸びているトゲがめっちゃかっこいい。オデはトゲがしっかりしているタイプのサボテンや柱サボテンが好きなのです。

さて、家に帰ってきてようやく詳しいことを調べ始める。すると正式名称は「ユーフォルビア・フェロックス(和名:勇猛閣)」という品種であることが判明。

ユーフォルビア? 今度はユーフォルビアについて調べてみると……サボテンじゃないということが判明。この見た目で? 完全にサボテンだと思って買ったのに……サボテンじゃない? 

どうやら「刺座」というものの有無がサボテンかそうでないかを分けるらしいです。何も……何も知らなかった。

とはいえ見た目が好きで買ったものなのだからサボテンかサボテンじゃないかはこの際置いておこう、とすぐに忘れることにしました。ちなみに「フェロックス」と名前の付いた植物はたくさんあるようなので品種名の勇猛閣で呼びます。字面がカッコイイし。

水耕栽培の準備をする

作業の様子の前に買ってきたものを軽く紹介。

・勇猛閣(サボテンじゃなかった……)
・水耕栽培用の花瓶
・軍手

水耕栽培用の花瓶は勇猛閣の大きさに合いそうなものにしました。軍手はトゲのある勇猛閣を掴む必要があるのでちょっと厚手のものに。ユーフォルビアは傷つくと毒性のある樹液を出すらしいのでトゲの有無はともかくとして軍手みたいなものは必要かも。

水耕栽培は根が見えるように透明な器であればなんでもいいそうですが、根の一部だけを水に浸す必要があるので瓶のどこかで植物を固定しないといけないのよね。なので抑えがついてる水耕栽培用のものを買って使用することにしました。アンティークのインク瓶とかフラスコとかに入れたらさらにオシャレ度が上がると思います。

まずは新聞紙の上に勇猛閣を出し、土をほぐして根を出す。植物を土から出すなんてそれこそ小学生以来なので緊張する……。

桶に溜めた水で根をよく洗い、消毒したハサミで根の半分をバッサリと伐りました。なんだかかわいそうだけどここから新しい根が生えてくることで水耕栽培に適応するらしい。この時点ではまだ土が残っているので後から使い古した歯ブラシで土をもう少し取りました。

どことなく切なげな表情。この状態で風通しの良い場所に置いて2~3日、根っこが乾燥するのを待ちます。

なんとかなれー!

というわけで根が乾燥するまで3日待ってから水に根の1/3くらいを浸して置いておきました。水は根がしっかり生えるまでは毎日変えたほうがいいけど、しばらくすれば一週間に一回でいいそうです。あとはカビないように気をつける。肥料とかも入れてません。水だけで勝負。

ネットで調べる限り勇猛閣はけっこう丈夫だそう。日当たりがやや心配で、もう少し日の当たるところに置いた方がいいのかな? とはいえあまり室内では日のあたる場所がなかったり。

ほぼ放置でいいとはいえ、季節ごとに考えないといけないことはそれなりにありそうです。そりゃそうだ。幸い始める時季としては悪くなさそう。冬とかに思い付きで始めるのは難しい気がしますからね。

先週の日曜日に購入し、3日間乾燥。そこから4日間は毎日水を変えて見守っています。なんだか気のせいじゃなければ細い根がニョキニョキと出ているような? こんなに成長が早いものなのかなあと思いつつ、かなりバッサリと伐ったはずなのでちゃんと伸びている……ものと思われる。なんとも不思議な感じです。

水耕栽培なので成長はあまり見込めないと思います。とはいえ最初からめっちゃデカくなるとかを期待しているわけでなく、現状の目標は……生存! 生存してくれることだけをただ祈っています! メンタルがゴミカスだからこれが枯れたらもう二度と植物触れなくなるかもしんないからね! オデ(おじさん)の情操教育のためにもしぶとく生き残ってくれ!!!

というわけで勇猛閣の水耕栽培を始めたよという記事でした。定期的に生存報告ができればいいなとは思っていますが続報がなければお察しください。続報が出るように頑張ってお世話します。

  • URLをコピーしました!
目次