ゲーミングイエティの生態

ゲームが好きなイエティのブログ

リュウジ監修至高のおせち2023を食べる

holyworld.jp

www.youtube.com

オデはイエティ。料理研究家リュウジくんのファンなので今年は『リュウジ監修至高のおせち2023』を注文して食べてみたよ。結論からサッと言ってしまうけどめっちゃうまかったです。オデの人生の中で一番おいしいおせちだったね。

 

オデはかなりフォーマルなおせちを食べて育ったけど、やっぱり育ちざかりになってからはあまり食べたいものがない……という飽きの気持ちが強かった。今回の至高のおせちはオデの中にあったおせちという凝り固まった概念をぶっ壊してくれたよ。

 

今回は至高のおせちの中であれがうまかった、これがうまかったって振り返る記事です。

1.一の重

ヤリイカ明太クリーム

バジルチーズ数の子

至高のミックスビーンズ

ごまめ甘辛くるみ

カラスガレイのカレームニエル

大根とパプリカの紅白アチャール

シグムチナムル

砂肝のピリ辛スモーク

ヤンニョムチキン

至高の鮑バター焼き

紫キャベツのラペ

海老のチリドレッシングマリネ

至高のフリッタータ

 

バジルチーズ数の子

→オデは子供の頃こそ数の子が好きだったんだけど大人になるにつれておせちの数の子はあまり食べなくなってしまっていた。松前漬けは喜んで食べるので味付けの違いなんだろうとは思っていたけど、バジルチーズという大胆な味付けで数の子を食べてみて感動。数の子……やるやつだったんだな。ポテンシャルの高さを感じました。

ごまめ甘辛くるみ

→いわゆる田作り。実家のおせちだと一番余る料理だけど、くるみが入っていてめちゃめちゃ辛い味付けでビックリした。ピリ辛って書いてあるけどおそらく至高のおせちの献立の中で一番辛い。

カラスガレイのカレームニエル

→カレー味です! という出で立ちをしてる割りにカレーの匂いがしなかった(ほかの具材にも移っていない)が、食べてみるとカレー味だった。どうなってんの?

バトル漫画でよくある実力を隠す技みたいなものを張り巡らせてるのかな。

シグムチナムル

→いわゆるほうれん草のナムル。安心感がある。

海老のチリドレッシングマリネ

→おせちの海老というと味が薄い印象があるけどこれは美味しかった。

至高のフリッタータ

→今回のおせちの中で一番気に入った……けど人によってはかなり塩辛いと思う。大きめのベーコンが入っていて食べていて楽しい。これだけ別売りしてくんないかな!

2.二の重

シロヒラス香草焼き

ローストビーフ(ソース付)

つぶ貝のクリーム煮

かきのコキール

蒸し鶏のネギソース

フルーツチーズ クランベリーのせ

サーモンムース いくら添え

いかの塩辛

白身魚のエスカベッシュ

亜麻仁豚の炙り塩焼

コリコリつくね

海老のロースト ジェノバ風

合鴨ピリピリパストラミ

 

シロヒラス香草焼き

→シロヒラスって何? と思って調べながら食べた。初めてのシロヒラストロフィーを獲得。

蒸し鶏のネギソース

→アッサリしてるんだけど普段のバズレシピの料理のような、どこかで食べた感がよかった。

サーモンムース いくら添え

→いくらと合わせると非常に美味しかったし、量も満足感があった。おせちといえばいくらがそのまま入っている印象だけどこの場合のいくらはサーモンムースを引き立てるバッテリー役を寡黙にこなしている印象があり、俺が俺が! という我の強さを感じなかった。そこがいい。各々がベストを尽くした。

いかの塩辛

→唐突に出てきたおつまみ。こいつのために白飯を炊いた。

海老のロースト ジェノバ風

→海老とバジルが一口サイズで完結しており……最高。

合鴨ピリピリパストラミ

→過去食べたおせちに入っていた合鴨は独特のくさみが抜けていなかったが、この合鴨にはなかった。これまでの合鴨の中で一番食べやすい。合鴨に対するオデの目はこれを機会に変わっていくだろう。

 

……という具合でした。全体的に塩辛めの味付けが多くてリュウジくん本人が宣伝している通り酒飲み向けかもしれない。オデは酒を飲まないので酒飲み視点のことはわからないけど、純粋におせち料理としてどれも新鮮で優れていると感じた。これまでのオデの人生の中でもっとも効率よく無くなっていったおせちであり、一品ごとにこだわりが感じられて良かったです。

 

おせち特有の「ああ……これが残ったか……」「誰が……食う……?」という切ないやり取りもなく気持ちよく食べきることができました。来年もやってくれたらオデは買うと思うのでよろしくお願いします。