被害者の会【バルダーズゲート3】プレイ日記66

※アフィリエイト広告を利用しています

バルダーズゲート3のネタバレを含む記事です! 注意!
また、バルダーズゲート3は過激な表現を含んだゲームなのでそこも注意!

主人公 ハーティド(ドラゴンボーン♀・ローグ)
スパイク・チュンソフト
¥5,030 (2024/05/09 14:55時点 | Amazon調べ)
目次

アラディンとの再会

街に貼ってあったハグ被害者の会の張り紙を見て、ウロウロしながら住所を探しました。どうやらハグ被害者の会は疎まれて色々な家を転々としているみたい。現状はギャーロウじいさんの家とやらに住んでいるようなので、探索しつつ気にしておきます。

ハグ被害者の会にはメイリーナもいるようです。メイリーナ! エセルおばさんから救った後、旦那さんの棺桶を抱えて困っていたんだけど具体的に何をすればいいかがわからなくて放置していたのでした。その間にジャーナルが進められなくなっていたんだけど、無事にバルダーズゲートに帰っていたのね。

ティーフリングの避難民の子どもが新聞売りをしていました。買ってあげよう。

あれ、モルは……死んだと思っていた! 最後の光亭にマーカスが攻め込んできたときに攫われちゃった子どもだよね。

元気でいるなら良い事ですね。しかしムーンライズタワーから救出していればまた話は違ったのかな。子供たちを引き離した責任があると思うと気が重くなる~。

魔法小間物屋という派手なお店の前で見知った顔を見つけました。アラディン! アラディンじゃないか! オデはこいつ嫌いですけどもはや懐かしい。

ちなみにこのお店の前の方、魔法を試してる人がたくさんいてうるさいです。地響きがしてる。

そういえばゴブリンの野営地の地下に寺院があって、そこにナイトソングという遺物が隠されてる……という話でしたね、元は。結局そこに遺物はなかったし、そもそもナイトソングはアーティファクトじゃなくて神だったんだけど。

ハーティドです、どうも。見つけましたけど……。

正直に話してやる義理はないので冷たくあしらいます。そもそもこいつらについていってハルシン導師は捕まったし、こいつは性格が悪いし。

なんだか憑き物が落ちたようにまともなことを言って、これ以降アラディンは現れませんでした。最後の最後にいいやつっぽくなったな。まあいいでしょう。

うるせー!!! 近所迷惑だろがー!! ダーティプレイだったらここの人たち皆殺しにしてるくらいうるさいです。というか近くを通った時にエルダーブレインの起こした地鳴りだと思ってたくらいだった。

なんか自動音声みたいな機能がついてる。ロローカンという魔術師は極めて有能みたいですね。このお店は魔法のスクロールを売ってました。

なんだか色々な本が売っていて楽しいなあ。お金に余裕があるわけじゃないので買えませんが。

どういう店なんだよ……。

ゴータシュの実家

適当に入った靴屋がゴータシュの実家だったみたいです。カーラックも驚き!

靴屋か~、靴には困ってないんだよね。でもこういう見た目だけのアイテムが売ってるお店好きです。

両親にも幼生が入れられているみたいです。何のために?

特に拘束してない人の目に虫を入れるとはゴータシュもやりてですね。

なるほどお金のためにゴータシュをウォーロックに売り払ったんですね。

売り払われたゴータシュは両親に恨みがあったと。それでこんなふうに生かしているんですね。

別に殺す義理もないので放置します。子供を売るのはなあ。

カーラックは両親に売られたゴータシュを自分と重ねてみているようですね。

う~ん、ゴータシュにも悲しい過去……なのか?

ハグ被害者の会

ここがギャーロウじいさんの土地か~。お邪魔しま~す。鍵がかかっていたので開けてきました。当たり前だけどバルダーズゲートの住宅は大抵、鍵がかかってます。鍵開けであけてるんだけど、そうじゃなしに穏便に入る方法なんてあるのかな? 警戒されずにおうちに入る方法はないんでしょうか。

これが被害者の会のメンバー? 真ん中のアドリエルさんはカッコいい服を着てますね。

ハグの手先の者だと思われているようです。待て待て! 鍵がしまってたからしょうがないでしょ!

なんだかシュールだな。とりあえず対話を求めます。

全然話きかねー!

仕方ないから「説得」します。

そう言ってんじゃん! エセルおばさんというハグを奈落の底に突き落として消しましたよ! おかげでドロップアイテムがなくて悲しい思いをしたけれども。

というか堂々とハグ被害者の会とか言ってビラをまいててよく殺されてないな。エセルおばさんみたいに姿を変えられたらいくらでも街で狙われそうなんだけど。

リーダーってメイリーナなの!? ACT1からどれだけの時間が経過したのかはわからないけど元気にやってるんですね。

メイリーナなら知ってますとも。

普通!? こんなカッコいい服着たドラゴンボーンなのに!?

全身が発光してるの? よくわからないけどメイリーナはまたハグによって被害を受けているみたいです。

野営地に一度戻ってメイリーナからもらったロケットを持ってきました。正気を失っていてもこれを見たら元の姿に戻るとかそういう感動的なイベントが起きることを信じて! ちなみに起きませんでした!

羊と蟹

メ……メイリーナーー!! 羊になってしまったんですね。

ふつうに話しかけても何を言っているのかわからなかったけど、ウィルの「動物会話」を使ってから話したら断片的にだけど情報を得られました。人形を見つけてほしいみたい。

ブードゥー人形がありました。しかし攻撃しても場所をテレポートするだけで何も変わらないみたいなので、とりあえずメイリーナにかかった魔法を解く方法から考えています。呪いなら解呪の魔法でなんとかなるかも。

近くの魔法小物店にきて「呪いの除去」の巻物を買います。パーティーメンバーは誰も覚えていないからとりあえずこれを試してみよう。この時のオデは我ながら冴えてるな。

ちなみについでにナイトソングに関して情報を持ってるよ~と伝えてみます。ろくな事じゃなさそうだけど一応聞くだけね。

なるほど、クイズ形式でポータルに入ればロローカンがいる場所に行けるのか。間違ったらどうなるんだろう。とりあえず後回しにして、メイリーナを助けにいきます。

おお、巻物で治せた。ブードゥー人形の謎解きをするよりも手っ取り早くてスマートです。

ハグ被害者の会のドラゴンボーンがハグの手先だった! こいつに呪われてたんですね。

そのまま戦闘に。一人だから余裕じゃん! と思ったら大量のヤドカリが出てきました。なんだこの呪文!?

うわあ、よく見たらエセルおばさんの祝福って書いてある。奈落の底に落としたのに生きてたんかワレ……。

ヤドカリを念動力で投げ飛ばすウィル。

レッドキャップ本人もヤドカリも大したことはなかったけど、メイリーナが素手でヤドカリを殴り始めてビックリしました。なんて無鉄砲な。

下にもヤドカリが出たみたいだけど残りの二人が倒してました。それなりに戦闘力があるのね。

うわあ、本当にエセルおばさんなのか。おばさんの親戚とかじゃなくて? 序盤だったけどとんでもなく苦戦したから戦いたくないよー! おばさーん!

相変わらず目の周りが謎に黒いメイリーナ。まあまあ元気そうでなによりです。

反撃……反撃? 防戦一方の気がするけど。

今でも序盤でメイリーナのお兄さんたちを瞬殺したエセルおばさんのことを思い出します。あんな相手に対抗しようというのはけっこうな無謀ですね。

あ、メイリーナはバルダーズゲートに家があるんじゃなかったのか。というかハグを追跡してたの? メイリーナ、非戦闘員のHPなんだけど勇気がありすぎる。

行方不明になった女の子を捜索している最中に呪われたと。糸口が見えてきましたね。

暗記してんの!? 行動力と記憶力すごいな。もしかしてスーパーウーマンだったのかメイリーナ。

行方不明になった女の子の親御さんがいるようなので、ハグを追跡するならその人から話を聞く必要がありそうですね。

いやホントだよ! タイミング怪しすぎるだろ!

金庫の……って言ってたけど金庫がどこにあるのかわからなくてけっこうな時間を捜索に費やしました。具体的な! 場所を! 言え!

壁に金庫がついてるってなかなか考えないから苦労しました。金庫と言えば見えないところに隠されてるイメージだから。

ハグの破滅」と呼ばれる水薬を使えばハグから子供を吐き出させることができるみたいです。しかもその素材まで金庫には入ってるとか。なるほどこの本が厄介だからハグ被害者の会は敵視されてるのね。

素材も入れておいてくれたおかげで一個だけ作ることができました。このアイテムの効果から考えるとハグと対決してこれを飲ませる必要がありそうだなあ。エセルおばさんとの再会は近いのか……?

スパイク・チュンソフト
¥5,030 (2024/05/09 14:55時点 | Amazon調べ)
出演:Chris Pine, 出演:Michelle Rodriguez, 出演:Regé-Jean Page, 監督:Jonathan Goldstein, 監督:John Francis Daley, プロデュース:Greg Mooradian, プロデュース:Brian Goldner, プロデュース:Zev Foreman, プロデュース:Chris Pine, プロデュース:Nick Meyer, プロデュース:Jeremy Latcham, プロデュース:Jonathan Goldstein, プロデュース:Denis L. Stewart, プロデュース:John Francis Daley, Writer:John Francis Daley, Writer:Michael Gilio, Writer:Chris McKay, Writer:Jonathan Goldstein
¥500 (2024/05/14 01:11時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
目次